もしも最低価格でなかったら?

ホテルホテルが自ら、公式サイトからの予約が一番安いことを保証するメリットが分かりました。それでは、もしもその金額が最低価格でなかったらどうなるか、という点について考えてみましょう。公式サイトに限ったことではありませんが、ホテルの同一プランの料金は、予約受付開始から当日まで一定なわけではなく、予約状況などによって変化するものです。そのため、予約の時点では公式サイトが最安値であっても、その後状況が変わることは起こりうるのです。

ホテルの公式サイトを通じて行った予約よりも安い料金が提示された場合、ホテルによって対処法はさまざまです。公式サイトからの予約後24時間までなどの制限がつくことが多いようですが、より安い料金が見つかった場合、ホテル側に申請して確認されればその安い料金と同額になる場合、またこれに加えて初日の宿泊料が無料になるなど、ホテルによっては公式サイトでかなり詳細に補償の内容を提示しています

すべてのホテル(ホテルチェーン)が具体的な補償を提示しているわけではなく、公式サイトからの予約が最も安い旨を宣言しているだけのところもあるようですが、利用したいホテルが見つかったら、公式サイトをチェックしてみて「最低価格保証」がされているかどうかを確認するのが得策といえるでしょう。

ホテルが最低価格保証をする理由

ホテルのインターネット予約宿泊予約の受付について、ホテルの立場から考えてみましょう。
自社以外のサイトを通して予約を受け付けた場合、ホテルはサイトに対して手数料を支払うことになります。
手数料の割合は1割前後といわれます。
手数料を支払ってでも他のサイトを使うのは、認知度が高く、より多くの人に閲覧されているサイトの集客力に期待しているからですが、長期的な視点からみれば、手数料の支払いはないに越したことはありません。

そこで、一部のホテルはホテル自ら「最低価格保証」または「ベストプライス保証」の制度を導入しています
数ある予約サイトや旅行会社のサイト経由ではなく、ホテルの公式サイトからの予約が一番安いことを保証しているのです。利用する立場からすると、公式サイトで最低価格保証がされていれば、どこからの予約が得かといった検索はしなくてすみますし、ホテル側も手数料の支払いなしに顧客と直接やりとりができるわけです。

ホテルが最低価格保証を打ち出すことができるのは、ほかのサイト経由の場合に発生する手数料が必要ないからですが、「ここのホテルは公式が一番安い」と顧客に認識してもらえれば再利用の可能性も高まりますし、チェーン展開をしている場合はチェーン内の他のホテルの利用にもつながる可能性があります。また、公式サイトでは他の予約サイトには出していない、限定のお得なプランが利用できる場合もあります。公式サイトから予約した場合にのみ受けられるサービスを提供することもあるようです。


●関連サイト

東急REIホテル
ベストプライス保証を導入しているホテルです。

●Relatedpost

もしも最低価格でなかったら?

ホテルの最低価格保証

旅行、あるいは出張の目的でホテルを利用したいとなったとき、みなさんはどのように探すでしょうか。同じ宿泊でも旅行と出張とではホテルに求めるものが異なるでしょうし、同じ場所への旅行でも、季節や同行者などによって希望する条件は変わってきます。

少し前の時代には、ホテルの予約は直接電話するなどして取るものでしたが、今は行き先が決まったらインターネットで検索すると、数多くのホテルの情報に加えて、利用した人の口コミ情報が手に入ります。そして、ホテルの予約は必ずしも「ホテルに直接」行うものではなくなってきています。旅行会社のサイトやホテルなどの予約専門サイトがあり、それぞれに便利さをうたっています。

最低価格保証旅行会社や予約サイトがよく用いられるのは、利用者の希望条件を満たすホテルの比較検討が容易にできるうえ、旅行の目的や場所が異なる場合にも共通して利用でき、さらに利用額に応じてポイントなどの特典が受けられるといったメリットがあるからです。
さらに、サイトによっては「最低価格保証」をしているところがあります。同じホテルの同じ日の同じプランを同じ人数で利用しようという場合、最低価格保証をうたうサイトは「このプランを予約する場合、このサイトから行うのが最も価格が安い」ことを保証しているのです。

ところで、こういった予約サイトではなくホテルの公式サイトが最低価格保証をしている場合もあります。なぜ、ホテル自らが最低価格保証をするのでしょうか。ここでは、その奥にある事情と上手な利用の方法についてお話しします。