最低価格保証をする理由

宿泊予約の受付について、ホテルの立場から考えてみましょう。自社以外のサイトを通して予約を受け付けた場合、ホテルはサイトに対して手数料を支払うことになります。手数料の割合は1割前後といわれます。手数料を支払ってでも他のサイトを使うのは、認知度が高く、より多くの人に閲覧されているサイトの集客力に期待しているからですが、長期的な視点からみれば、手数料の支払いはないに越したことはありません。

そこで、一部のホテルはホテル自ら「最低価格保証」または「ベストプライス保証」の制度を導入しています。数ある予約サイトや旅行会社のサイト経由ではなく、ホテルの公式サイトからの予約が一番安いことを保証しているのです。利用する立場からすると、公式サイトで最低価格保証がされていれば、どこからの予約が得かといった検索はしなくてすみますし、ホテル側も手数料の支払いなしに顧客と直接やりとりができるわけです。

ホテルが最低価格保証を打ち出すことができるのは、ほかのサイト経由の場合に発生する手数料が必要ないからですが、「ここのホテルは公式が一番安い」と顧客に認識してもらえれば再利用の可能性も高まりますし、チェーン展開をしている場合はチェーン内の他のホテルの利用にもつながる可能性があります。また、公式サイトでは他の予約サイトには出していない、限定のお得なプランが利用できる場合もあります。公式サイトから予約した場合にのみ受けられるサービスを提供することもあるようです。